ちりめんじゃこは、イワシの稚魚を塩ゆでした後干したものをいい、
関西では「ちりめんじゃこ」、関東では「しらす干し」といいます。

土佐角弘海産と長年培ってきた信頼のもと、
友栄丸、共進丸、勇進丸、政漁丸、隆栄丸などの漁師さんが漁獲し、
吉川漁港で競り上げた稚魚(生しらす)の中から、
漁師歴五十余年のベテランが厳選したものだけを、
漁港のすぐ前に位置する当加工場にて、新鮮なまま、すぐに釜ゆでします。
ゆで揚げたちりめんじゃこは、丁寧に完全手作業で天日干し。
潮の香りと、太陽の光たっぷりの
自慢のちりめんじゃこをぜひご賞味ください。





 
上部へ戻る